あっ、この人チャラいなと思う瞬間

すべて男性の都合だということです

飲み会や趣味などの社交の場において、必ず居ると言っても過言ではないのがチャラい人。
チャラい人=浮気をするというイメージが定着していることから、できることなら関わりたくないと思っている女性も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は女性が思うチャラいと感じる瞬間を調査してみました。
どんな瞬間に女性はチャラいと感じるのでしょうか?
1位:初対面でタメ口
初対面なのにやけに馴れ馴れしい人。
そういう人に限って、タメ口になることが多いですよね。
本人は社交的なつもりかもしれませんが、初対面では礼儀正しく接して欲しいと思っている人が多いようです。
2位:マジッすかを連発する
本人は相手に興味があるよっていうアピールのつもりかもしれませんが、連発されると話を聞いていない、頭が悪そうなど悪い印象をもたれてしまうこの言葉。
何も考えていないんじゃ?と全体的に軽い印象を与えてしまいます。
相手の話をじっくり聞いて、自分の意見も交えながら、会話を発展させていくことをおすすめします。
3位:やたらスキンシップが激しい
これはもうチャラい人の鉄板とも言えるでしょう。
下心が丸見えですし、女の子は触られるのが好きってことを心得てそうで怖いですね。
初対面にもかかわらず、距離が近い人には注意が必要です。
一気に距離を縮めようとするとかえってチャラい印象を与えてしまうようです。

理想のパパじゃない理由

お金さえあれば幸せになれる!、結婚するなら第一に収入でしょ!と豪語している女性、けっこういますよね。
確かに、余裕のある暮らしをするためには、お金が絶対条件と言っても過言ではありません。
ですが、旦那が高収入だからといって、絵に描いたような幸せな暮らしができると思っているなら、実は大間違いですよね。
高収入といっても、人一倍働いていたり、常に、仕事中心で生活していたりするからこその高収入という場合がほとんどです。
つまり、それだけ仕事中心に生きているわけで、妻や子供のために時間を使うという考えがこれっぽっちも無いという高収入男がけっこういるんです。
当然、高収入な仕事となると出張やパーティー、打ち合わせや急なイベントなどが引っ切り無し。
どうしてパパはいつも家にいないの?と子供が尋ねてくるのも時間の問題でしょう。
男は金銭的に余裕が生まれると浮気に走りやすい傾向にあります。
また、高収入男は、例え既婚者であっても女性が寄ってくるため、浮気に最適の環境が整ってしまうわけです。
独身時代は他のライバルを蹴落としようやく彼の妻の位置を手に入れたというのに、結婚後であってもまだまだ恋の闘いが続きます。
英雄色を好むとは言いますが、妻や子供を蔑ろにするだけでなく浮気までされてしまったら、精神的ストレスがかなりかかることは容易に想像できますよね。
高収入男は、結婚後であっても私が妻の座を手に入れてやるわ!」というギンギン系女性がわんさか集まってくることを覚悟しましょう。
収入が多いからといって裕福な暮らしが保障されているとは限りません。
というのも、収入が多いと自然と生活水準が上がるため、家賃や食費、車の維持費など必然的に支出も多くなります。
また、旦那の仕事の付き合い(交際費)によって湯水のごとくお金が使われていくわけです。
そのため、家庭や子供のためのお金は意外とケチるという高収入男もけっこういるんです。
さらに、お金を稼ぐことが上手でも、貯蓄が上手とは限らないということを忘れてはいけません。
年収1,500万なのに借金がある、という高収入男もわりといるので要注意。
家庭を持った場合、家庭に入れるお金だけでなく子供の養育費も考えて計画的に貯蓄していかなければならないわけですが、こういう高収入男は俺の金なんだから好きに使わせろ!と貯蓄に協力してくれない可能性も高いわけです。
けっして、高収入男と結婚=幸せな結婚生活とは限らないことをお忘れなく。
もちろん旦那の収入は結婚生活において非常に重要なポイントとなりますが、お金だけに釣られて旦那を選ぶと、こんなはずじゃなかった!と大後悔するかもしれません。

男性を浮気に走らせるキケンなNGフレーズ

普段何気ない会話の中で、夫に対して無意識に使っている言葉が、実は浮気を助長させているって知っていましたか?
当然、浮気する方が悪いことに変わりはありませんが、もしかするとあなたにも夫を浮気に走らせてしまう原因があるのかも知れません。
夫が浮気してしまう原因となる妻のある口癖や、浮気男を引き寄せてしまう女性のタイプについてお伝えします。
浮気をされやすい人には、いくつかのタイプがあります。
夫や彼の浮気で悩んでいる人は、自分が当てはまっていないか確認してみてくださいね。
もし、心当たりがあるのなら、その行為とは逆の行動をとるように心掛けてください。
(1) 一目惚れしやすい
(2) 依存しやすい
(3) 世話を焼き過ぎる
(4) 嫉妬心が強い
(5) ハッキリNOと言えない
男性に浮気しても許してくれそうと思わせるNGフレーズ5つ
(1) 「私、友達少ないから」・・・男性からは「友達少ないし、相談する人もいないはずだから結局自分のところに戻ってきそう」と思われてしまう。
(2) 「あなたしかいない」・・・「頼るのはオレしかいないし、何をしても許してくれそう」と思われてしまう。
(3) 「何でもいいよ」・・・「自己主張しない女だから、言いくるめるのは簡単だ」と思われてしまう。
(4) 「私、美人じゃないし」・・・「自分に自信がない女だから、自ら別れることは選択しないだろう」と思われてしまう。
(5) 「めんどくさい」・・・「物事を深く考えないタイプだから、言い訳すれば何とかなりそう」と思われてしまう。
上記のような言葉が、口癖になっている場合、大事な彼や夫が浮気をしてしまう恐れがあります。
今すぐに改めましょう!
浮気をされない妻の特徴を一言でいうならば、いつも楽しそうにしている妻です!
夫が浮気するのではないか?と監視を強めたり、夫の顔色を伺いながら毎日を過ごしたりしていませんか?
そうすると、自然と笑顔も消え、ギスギス感が増してきます。
そんな妻と一緒に居ることに、夫は居心地の悪さを感じます。
一人の時間も楽しむことが出来る自立した妻、夫をやる気にさせる言葉を多く使っている妻、そんな妻なら夫も居心地が良いと感じるのです。
妻が笑顔で楽しそうにしていると、夫は幸せを感じ、この笑顔を失いたくないと思うもの。
プラスの言葉をたくさん使って、まずは、自分が楽しむことを意識してみてくださいね。

多趣味な男性」が浮気しやすくなる理由

なぜ、離婚や破談になってしまったのか、それぞれの事例をひもといていくと、多くの場合、結婚前に彼氏のブラック性を示すサインが何らかの形で出ていて、そのリスクが結婚後に顕在化しただけに過ぎないということがわかってきました。
結婚した後で、とんでもない事故物件だったことが発覚してしまうブラック彼氏を紹介していきます。
ご紹介するブラック彼氏は、必ずしもみなさんにとってNGではなく、女性のタイプによって合う合わないさまざまです。
恋愛と結婚で失敗しないためのポイントを知っていただき、ひとりでも多くの女性たちが自分に合った良きパートナーと巡り合い、幸せな結婚生活を送れるよう願っています。
浮気をする男性はとにかく多趣味。
目立つ趣味のなかったモラハラ系とは違って、こちらのタイプは、女性にモテそうな趣味をマメにかじっているところに特徴があります。
ムキムキに体を鍛えるのではなく、ちょっとジム通い。
食べ歩きではなく、ふらっと行くジャズバーが好き。
車やバイクの改造ではなくちょっとドライブ。
フルマラソンではなく、ランニング。
テレビゲームのかわりに、ちょっとダーツ。
ちょっとギターが弾けて、ちょっとカメラに凝っていて、スポーツ観戦もノリでこなし、お酒は好きだけど、甘いものもちょっといける。
すべてが真剣ではなく、ちょっとが特徴です。
逆に言えば、多趣味ということは、すべてにおいて飽きっぽく、気移りしやすい性格とも考えられます。
これは女性との付き合い方においても同様で、浮気しやすい性格です。
趣味をきっかけに浮気をする男性も多く、ジョギングサークル、音楽サークル、ジャズバー、スポーツジム、ダンスサークル、よさこいサークル、社会人向け大学院など、顔を出すところが多ければ多いほど出会いが増え、浮気のチャンスも増えていきます。
また、浮気系は交友関係が広く、男友達も多いのですが、そこもまた彼が浮気系かどうかのチェックポイントになります。
友達のXが浮気しててさと言い出したら、要注意。
彼も浮気をしている可能性が大です。
彼の友達は遊び人が多いけど、彼だけは誠実と切り離して考えたくなるものですが、やはり類は友を呼びます。
友達が浮気をしていれば、当然、浮気への心理的抵抗は小さくなり、友達から浮気の手口も伝わります。
彼が将来浮気をするか知りたい場合には、結婚前に彼の交友関係をよくチェックしたほうがいいでしょう。
多趣味な男は、浮気系の可能性があります。
彼の趣味が女性受けのいい趣味ばかりでないかチェックしましょう。
また、男友達に浮気している人が多ければ、彼も浮気する可能性があります。
浮気が許せないあなたは、最初からこのタイプは避けたほうが無難です。
それでも結婚したい場合には、彼と一緒に出かけることで浮気のチャンスを減らし、彼の友達と親しくなり、友達が浮気に協力しづらい、または、浮気を止めるように言ってもらえる関係になりましょう。
多趣味で交友関係が広い男は、浮気系の可能性がかなり高いです。
彼の趣味がモテるためか、本当に好きでやっているか、目的を見極めましょう。
彼の友達と仲良くなって浮気を防いでもらえる関係になることも有用でしょう。

要するにが口癖の男に要注意!口癖に隠れている本当の性格

男性と会話していて、なんだか違うなこの人、合わないかも、モヤっとすると思ったことはありませんか?
会話で多く使う言葉の中には、その人の持つ本当の性格が隠れているんです。
気をつけるべき口癖と、その性格パターンをご紹介します!
要するにを頻繁に使う人は自分に自信があり、その場を仕切りたがる自己中心的な性格を持っています。
ただ、仕事では成功している人が多いのも特徴。
上から目線の発言や、人の意見を聞かない態度がエスカレートしてモラハラに発展する可能性もあるので、気の弱い女性は近づくのはやめた方がいいでしょう。
なんで俺ばっかりを頻繁に使う人は、できるだけ責任を負いたくない、損したくないと思う性格を持っています。
器が小さく、頼りにならないのがこのタイプ。
こうすればいいとアドバイスをしてもらっても、適当な言い訳をして実行しないので、仕事で成功しないことが多いです。
女性に対してもプライドがないので、食事やデートでワリカンにしたがるなどケチくさい部分も。
信じてを頻繁に使う人は、中身が伴わないのがこのタイプ。
自分を信じろと言ってきた時は、だいたい後ろめたいことがあるので要注意。
本当に信頼できる男は、わざわざこう言う必要がありません。
仕事でもプライベートでも、言われたら相手の言動を注意して見てみてください。
常識だよを頻繁に使う人は、自分が考える理想像やあるべき姿を人に押し付けてしまうタイプ。
一般的には、普通はも同じです。
常に正しいのは自分で、みんなも同じ意見と考えているので、一緒にいると非常にやっかいです。
相手が違う意見を言い出すとイライラし始めるため、このタイプはとりあえず同意しておくのが無難です。
忙しいと頻繁に口に出す人は、他の人から評価されたい願望が強い男。
仕事が本当に忙しいのも事実かもしれませんが、わざわざ伝えてくるということは、あなたからの優しい気遣いや言葉を待っているかまってちゃんタイプ。
しかし、自分のペースを乱されることは嫌うので、頑張っていてすごいね、「偉いねと流しつつ、放置するのが正解です。
別にが口癖な男は、言いたいことはあるけど別にいいよ、言っても無駄だろうしというかなり屈折した性格の持ち主。
ネガティブな言葉を吐き続ける迷惑な人です。
人を基本的に信頼していないので、本心を見せたがりません。
みんなでワイワイやるよりも独りでいる方が楽だと考えているので、恋愛対象から外しましょう。
あなたの周りにもこんな口癖の男性、いませんか?
こういう人たちとはできるだけ距離をおきましょう。
逆に、それ、面白いね、君ならできる、大丈夫、何とかなる、とにかくやってみよう、勉強になりました、さすが、お疲れ様など、ポジティブな言葉を口癖にしている人といると、自分にもプラスになるので、男性と出会った時の参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。