男性は女性のどんな反応を好むのか?

男性はエッチの最中、ただ性欲のままに腰を振って、快感を得ているわけではありません。

女性を観察し、反応をよく見て、気持ちを高ぶらせています。

女性が気持ちよさそうにしていれば嬉しいし、もっと気持ちよくなって欲しいと思う。

だから女性も、男性の興奮をあおるような反応を見せれば、セックスはより充実したものになります。

男性はそんな女性を愛おしく感じ、手放したくないと思うのです。

では、いったいどんな反応を男性は好むのか・・・

声が出そうなのを我慢している

男性が興奮するポイントは、女性が見せる恥じらいです。

男性の愛撫を受け、女性の体からだんだんと力が抜けていき、快感が脳を支配していく。

男性はその状態の変化をじっくりと見ています。

しかし、女性はここで素直に受け入れすぎてはいけません。

男性が責めてくるのを、いったん手で制しましょう。

快感に支配されまいと抵抗を示すのです。

そんな女性の健気な姿に、男性は大興奮です。

声も最初から出しすぎず、唇をギュッと噛んでこらえるような表情を見せて、いじらしさを演出しましょう。

手でしがみつく

女性が手でシーツにしがみつくようなシーンを男性は好みます。

快感と平静の狭間で揺れ動く感情を、その手もとから感じ取り、乱れまいとする姿に欲情するのです。

だがやがて、女性は押し寄せる快感に抵抗できなくなり、自分の身を彼にゆだねる。

シーツから手を放して、こんどは男性の腕やカラダにしがみつきます。

その、完全に心を許し、身も心もひとつになろうとする女性のひた向きな姿が、男性を奮い立たせます。

積極的に責めてくる

ある程度の恥じらいを見せたあとは、積極的な一面も披露しましょう。

愛撫の途中であれば、男性の性器を触るなどの行為です。

直接触る前に、服の上からなぞり、欲しがるような素振りを見せて興奮をあおりましょう。

挿入後は、相手にされるがままになるのではなく、体位変換をして男性の上にのったりするのもいい。

騎乗位は、女性が積極的にならなければ成立しない体位です。

男性は、カラダの上で熱心に腰を振り、自分から快感を得ようという女性の姿を、下のアングルから微笑ましく眺めています。

イクとつぶやく

男性は、女性をイカせることに無上の喜びを感じます。

イカせることで優越感に浸り、精神的な満足感を得る。

男性としての根本的な強さを実感できるのでしょう。

ただ、男性の射精とは違って、女性の絶頂は判別しにくい。

だから、声での合図が必要になります。

しかし、あまり大きな声で叫ぶような合図は望んではいません。

演技のようにも聞こえるし、行為自体に集中していないのではという疑念も生じます。

ですから、ここはボソッと吐息まじりに声を発してください。

それこそが、思わず出てしまった本音として捉えられます。

男女間においては、エッチは性欲を満たすだけでなく、さらに心のつながりを深める行為でもあります。

男性好みの反応を見せれば、相手はまたしたい、もっと知りたいと思うはず。

すればするほど夢中にさせるようなエッチができるといいですね。

思わずムラムラしちゃう、男が触られると弱い場所

首回り

首へのキスに弱い…。

首にそんなことされたらついムラムラしてしまう…!という人は少なくありません。

直接、首へのキスをする以外にも、手で頬をなでてから、ゆっくり下へなでおろし、首周りに触れるのも効果的。

手と唇で、優しく、その体温を伝えていけば、きっと彼も少しずつムラムラしてくるはずです。

手のひらと指

手の内側になる、手のひらは、意外とプライベートなパーツだったりします。

普段は人にあまり見せることも、触れられることも少ない場所。

実は、神経も多く、ちょっとした力のかかり具合や、温度にも敏感な場所なのです。

そんな、手のひらや指に触れるのは、親密な関係だからこそ!

なぞるように、そっと触れれば、だんだん鼓動も大きくなっていくはずです。

指先で手のひらをなぞってみたり、指先から指の付け根に向かって、上下に動かしたりすれば、彼にいろいろ想像させられるはずです。

ふとももの内側

ふとももの内側は、首と同じく、大切な血管が多く通っている場所です。

性器にも近い場所なので、触られるとドキドキしてしまう場所なんです…。

ふとももへのアプローチの方法は実にさまざま!

手で直接触ったりしなくても、こちらの足を、相手の足の間に入れてみたり、脚を絡めてみたり。

手で触れるなら、いきなり内側でなく、ふともも外側をなでながら、だんだん内側へ手を移動させるのがおすすめです。

素知らぬ顔をして彼に迫ってみてはいかがでしょう。

腰回り

セックスといえば腰ですよね。

どんな体位でも、腰がセクシーさをかもしだすポイント!

性器への刺激を支える部分にもなりますし、腰に手を回したり、なでたり、こちらの腰を意識させる行動は、相手をムラムラさせる効果が高いのです。

とくに、後ろから腰を触られると、ムラムラしてしまう男子が多いよう。

あまり今日は乗り気でない彼が隣で横になっているなら、コッソリ後ろから、腰に触れてみましょう!

胸や乳首

胸や乳首への刺激は、普段慣れていない男子には効果的!

今日はハグだけ…なんて日も、ちょっと手や指で、相手の胸や乳首を刺激してみれば、相手のムラムラにスイッチが入るかも!?

必ずしも、上半身が裸である必要はありません。

実際、服の上からのほうが、エッチな気分にする効果が高かったり、相手に甘えるしぐさからの、自然な流れでタッチしたりできるので、さりげなく試してみるといいかもしれません!

その気じゃない夜は、ムラムラのツボを上手く利用して、彼の本能を刺激しちゃいましょう!

彼がその気の夜も、そうでない夜も、彼の弱点を刺激して、より素敵な夜にしてくださいね!